ようこそ!「やきもの」の世界へ
瀬戸焼企業リスト
  • 新着情報
  • 概況
  • 資材
  • 分析
  • 試験
  • 注文
  • 工程
  • リンク

資材 火度測定チップ

焼成室の各部の温度分布並びに加熱効果の均一化をはかることは、焼成における最も基本的な事柄であります。各部の加熱効果を簡単に、且つあやまりなく測定するには、小型チップの溶融変形を利用する方法が最適であいります。火度測定チップは、弊社が長年に亘り、磁器並びに砥石の焼成管理に使用して来たものであります。これは小型チップの溶融変形度によつて、温度と時間の相乗積である加熱効果を判定するころが出来ます。火度判定はチップの高さ(又は直径)の変化を測定することにより行います。チップは低温750度より高温1,400度までの範囲で6種類あります。

                                                           

1.火度判定(温度×時間) 
 チップを被加熱物の近くにセットしておけば、被加熱物の焼成火度を知ることが出来ます。

2.炉内温度分布
 炉内又は焼成台車の各所にセットすれば、温度分布が明らかとなり、焼成の改善点が明瞭となり、又詰め位置の合理化が可能となります。
                                            

                                                          焼成後

 

3.熱管理
 チップによつて被加熱物の受けた火度を記録して、管理図にプロットすることにより、焼成の統計的管理を行うことが出来ます。

4.小型で使い方が簡単
 小型で場所をとらず、被加熱物に接近してセット出来ます。

5.低コスト
 低価格品ですので焼成管理用に最適です。

 

 

                                       セット位置

6.溶融状況
  ・雰囲気:酸化炎

  ・温度上昇速度

加熱速度
  ℃
40~
 480
480~
 815
815~
 835
835~
 900
900~
 920
920~
 960
960~
 1000
1000~
 1020
1020~
 1040
1040~
 1060
1060~
 1100
1100~
 1120
1120~
 1160
1160~
 1200
1200~
 1230
1230~
 1380
1380~
 1435
上昇速度
 ℃/Hr
250  60  50  60  50  40  30  50  40  50  40  60  50  40  60  70  60

                                                      

SP-1■ SP-2 SP-3 SP-4 SP-5 SP-6